"757 glass mill”   について

 

工房名でもある" 757 glass mill ” < ナナゴーナナグラスミル > は、

生活空間における硝子素材の可能性を探るべく始まったプロジェクトです。

このプロジェクトではジャンルを超えた新たなプロダクトを提案し、協同でコンセプトメイクから制作まで行っています。

硝子は様々な技法があり、その表情も多種にわたります。

吹きガラスの柔らかさや張り、鋳造の量感、スランピングの軽やかさ、カット(切子)の繊細さ。

そんな硝子の魅力を日々の暮らしから公共空間、身の回りのものへ。

素材を通して生まれるモノやコトとして提案し、発信していきます。

モノの作り手から意匠を考える、この実験工房は他ジャンルの方たちと共有し、

硝子の新たな価値を提案する場になればと考えています。

1/4

×

1/4
1/3

 

© by yuta maruoka. All rights reserved.